医師就職

医師の就職活動の成否は、「パートナー選び」で決まる!

医師人生における就職活動は「3回」ある?!

医師の就職活動は「3回ある」と言われています。1回目は、大学卒業後に国家試験に合格して初期研修先を探すとき。2回目は、初期研修を終了して後期研修先を探すとき。そして最後が後期研修を終了して、医師として一人前になって初めての就職先を探すときです。

 

医師人生における3回の大きな就職活動の際に、重要になってくるのが「情報収集」です。

1・2回目の就職活動での情報収集は、比較的ラクチン

1回目の就職活動にあたる「初期研修先を探す際」は、情報収集の方法が時代によって変遷してきました。

 

平成15年まで行われてきた研修制度は昭和43年に始まったもので、大半の医師が出身大学の単一診療科を研修先として選ぶ「ストレート方式」が主流でした。そのため、就職活動といっても、「どの病院にいくか」ではなく「どの科目を選択するか」という視点に絞って情報収集していました。

 

しかし、当時の研修医は給与が非常に低かったため、当直などのアルバイトを通常勤務と並行して行う必要があり、「研修医の過労死」などのような悲劇が生まれたり、また、研修の内容面でも単一診療科に特化しすぎたものであったため、「病気は診るが、人は診ない」と揶揄されていたことに象徴されるように、特定の専門分野以外がほとんど分からない医師がでてくる、という弊害も生じてきました。

 

そこで、これらの不都合を解消するため、平成16年に、現在も実施されている「新医師臨床研修制度」が創設されました。

 

この制度の施行により、初期研修先を見つけるための就職活動が本格化します。それまでは「出身大学の単一診療科を研修先として選ぶ“ストレート形式”」だったものが、「全国に約1,000施設ある大学病院・臨床研修病院が設けるプログラムのどれかで、各科目をローテートする形式」へ大変動したのです。そのため、医学部生の就職活動は「科目を選ぶ」から「病院を選ぶ」へ変化していきました。つまり、それまでは20〜30ほどの科目から1つの科目を選択すればよかったのが、新しい研修制度によって、1,000以上ある施設から自分の希望にあう就職先を見つける必要が生じたのです。そして、これにより、最初の就職活動のために必要な情報収集の時間と手間が、飛躍的に増えました。

 

現在、多くの医学部生は、初期臨床研修病院を探すために「ネット上の情報×実地の見学×飲みニケーション」という3つの方法を使って、自分の希望する「スキルアッププログラム×エリア×給与・休み×人間関係」を提供してもらえる就職先候補を絞っているようです。

 

具体的には、初期研修を行っている研修施設についてネット上で情報収集をして、春休みやゴールデンウィークを利用して気になる病院へ見学に行きます。また、大学によっては、実習を通して様々な病院を知ることもできます。そこで仲がよくなった病院の先輩方と、食事にいく機会や、時には盃を交わすことで、その病院の内情を知ることができるのです。この就活方法は、医師人生で2回目の「後期研修先を見つける際」にもまた、主流だと言えます。

3回目の就職活動は、こんなに違う?!

他方、医師人生で3回目の「後期研修終了後、一人前の医師になって初めての就職活動」は、「ネット上の情報×面接時に聞かされる情報」だけを頼りに就職先を絞っていかなければいけません。1・2回目の就活と違い、見学は面接のときに限られ、まして就職する前に、病院の先輩ドクターと飲みにいくようなことは滅多にないでしょう。

 

そのため、3回目の就活では、病院の内情について情報収集しづらくなる傾向にあります。また、1回目・2回目の就活時は就職先になりうる選択肢が1,000施設程度であったものが、3回目になると病院だけでも8,600施設に増えます。

 

ネットと面接時の情報だけでは、どうしても表面的な情報だけで就職先を判断しがちになりますし、何と言っても選択肢が8倍以上にも増え、正確に比較検討することが難しくなります。

 

本来であれば、深く広い情報収集ができた上で比較検討をするからこそ、「より給与が高い職場」や「当直や残業の少ない職場」といった好条件の就職先を見つけることができるハズです。しかし、実際はその可能性さえ知り得ないまま、就職活動を進める医師がほとんど…というのが現実です。

 

また、基本的な「給与や仕事内容・残業の状況」といった情報でさえ、ネットの情報だけでは正確に把握することは困難です。実際に面接や見学に行ってみると「提示されたのはネット上で掲載されていた給与額よりかなり低かった」「ネット上では残業がほとんどないと書いてあったのに、実際は残業が結構多いと言われた」などの様なことも、よくあるようです。

 

これは、給与や手当の額は年齢や経験の有無によって左右されるため、ネット上に掲載されている情報はあくまで参考の数値に過ぎない、ということが原因です。

 

さらに、雇用契約を結ぶ上では、病院との面接や、その後のやりとりを通じて詳細な雇用条件の確認を行い、同意した内容を書面に落とし込むことも重要です。しかし、こういうことに慣れていない医師が、これらの手続き全てについて自ら対応し、うまく進めていくというのは、とても難しい場合が多いでしょう。

 

このように、基本的な雇用条件についてすら、ネット上の公開情報だけから正確に読み取ることが難しい中、まして公開されていない病院内の情報、例えば「人間関係や力関係」「医局との関連性」「営業方針・診療方針や現場の状況」「コメディカルの様子」などまで把握することは、さらに難しいと言わざるを得ません。その結果、入職後に人間関係その他のトラブルを抱えてしまう先生が、実際、多く見られます。

3回目の就職をさらに難しくし、手間取らせてしまう「アノ原因」

ここまでを読んで、「3回目の就職活動って大変!」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、もう一つ、3回目の就職活動を手間取らせる厄介な問題があります。そう、「医局を円満に退職できるか」という問題です。

 

ご存じの通り、後期研修先として大学のいずれかの教室への入局を選択した医師は、医局員として、教授の「鶴の一声」で医局の関連病院に配属されます。当然、医局は関連病院に対して大きな影響力をもっており、病院も医局に対して無碍なことはできません。

 

医局を出て、関連病院でないところに移るのだから、退局が円満だろうがそうでなかろうが、どうでもいいじゃないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と狭い、医師業界。例えば、就職先病院の自分の科と異なる科目は、出身大学の他の医局の関連病院かもしれません。そして、教授同士が親しかったら…? そうです。医局を辞めるときには、慎重に振る舞うのが得策です。

 

特に、新しい初期臨床研修制度のせいで医局への入局者は減少の一途であり、若手の医師不足にあえいでいる大学の医局ですから、あなたもきっと、強く引き止められます。引き止めてくる相手を足蹴にするような辞め方をすれば、恨みを買うことも必至。同じ辞めるにしても、やんわり攻めていくことが、とても大切です。

まとめ

1回目・2回目の就職活動の際は、ネット上の情報だけではなく、同期や就職先の先輩から見学や飲み会の場などを使って情報を集めることができましたが、3回目の就職活動になった途端、検討すべき選択肢がかなり増えるだけでなく、選択するための判断材料を集めることが、グッと困難になります。さらに、医局に在籍している医師なら、「円満な退局」にまで目配せが必要です。

 

したがって、3回目の就職活動は難易度が一気に高まるといえるでしょう。

3回目の就職活動を成功に導く「パートナー」を、シッカリ選べ!

このように、とても大変な「3回目の就職活動」ですが、これらの問題についてすべて解決してくれるパートナーがいるのをご存じでしょうか。

 

それは、「医師の転職サポート」を専門に提供している紹介会社です。

 

「医師専門」の転職サポートを展開している紹介会社は、多くの病院とコネクションがあります。また、過去に自社の紹介で就職した医師と長期にわたって繋がっていることも多く、「実際に働いてみたら、外科部長が積極的に症例を積ませてくれるよ」「○○病院は、女性医師のライフイベントへ理解があり、こんな支援をしてくれているよ」といった病院内部で働いたからこそ初めて分かる情報までキャッチしています。

 

ベテランコンサルタントになると、過去に担当した医師と定期的に食事をしたり、連絡を取り合っていることも多くあります。もしあなたにそのようなコンサルタントが一人ついていれば、情報収集は飛躍的に楽になり、心強い味方として、あなたを支えてくれるでしょう。まして、ベテランコンサルタントが多く在籍し、情報を共有し合っている紹介会社の場合、あなたが収集できる情報量は指数関数的に増えていき、就職先を選択するのに必要な情報を「手間もお金も使うことなく」得ることができるようになることは間違いありません。

 

例えば、「○○病院の産婦人科医の半分は、○○大学から派遣されているので、就職した場合、少しやりづらいかもしれない」とか、「○○病院の内視鏡オペは○○社製の機械を使っているので、今まで先生が使ってきた機械と同じですよ」とか、「○○病院は、医局の引き上げに遭ってとても困っているので、今のタイミングなら条件交渉が有利に進みますよ」などといった、細かいアドバイスまで受けることができるようになります。そのため、情報不足が原因で、不利な条件で就職していた…などということを防げるようにもなるのです。

 

もちろん、医局からの退職においても、今までの退職事例を基に、「いつ、誰に、どういった形で辞職意向を伝えた方がいいのか」といった具体的なアドバイスまで受けることができます。

 

もっとも、適切なアドバイスや情報収集ができるのは、あくまでも「医師専門の転職サポート」を展開している紹介会社に限られます。また、医師専門の紹介会社の中でも、コンサルタントの能力は正直ピンキリなのが実情です。

 

その点、女性医師の求人館を運営する日本サーチ株式会社は、実績の豊富なベテランコンサルタントのみが所属する、ブティック型の「医師専門」紹介会社であり、3回目の就職活動を検討されている先生にとって必要な情報を適切に提供することが可能です。しかも、サービスは全て無料です。安心してご利用いただければ幸いです。

 

今すぐの就職を考えていなくても、「医局を退職する際に気をつけるべきポイントはある?」とか、「後期研修を終えた後に、別の病院に就職する医師って多いの?」というような、素朴な疑問にも丁寧にお答えしておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。

ホーム RSS購読 サイトマップ
女性医師の求人館TOP 転職支援のお問合せ ご求人担当者さま 記事一覧 会社概要