美容皮膚科求人

美容皮膚科医師が、やりがいのある、条件のいい求人案件と出会うために押さえるべき「4つの真実」

(1)「求人情報を探すという行為の80%以上が無駄」という真実

ドクターの転職支援を始めてもう10年ほどになりますが、意外に多い落とし穴として紹介したいのが、「求人情報ばかりネット検索して、比較検討できている」と考える先生が多いことです。

 

ここで強調してお伝えしたいのは、「求人情報から得られるものは、表面的なことだけ」ということです。年収や勤務時間や夜勤回数も、先生のスキルや状況によっても変わってきますし、もちろんクリニック側でも先生を受け入れるタイミングによって変動します。

 

長年、医師の転職コンサルタントをしていると、よいタイミングで転職できる先生と、そうでない先生がいらっしゃいます。同じように転職するなら、年収や勤務時間の交渉がしやすいタイミングを狙って転職したいものです。

 

では、求人情報をネット検索する代わりに、具体的にどんな行動を起こすことが重要なのでしょうか。

 

大きく2つ挙げることができます。

 

一つ目は、「医師専門の信頼できる転職コンサルタントを見つける」ということ。
そして、「転職する絶好の機会を待つ」ということです。

 

美容皮膚科の先生の中には、「営利目的が優先されて、時間をかけて患者さんとじっくりと向きあうことができない」、「スピードと量が期待されて、本来評価されるべき技量が見られていない」、と悩まれている方がどんなに多いか!ほとんどの美容皮膚科の先生がもたれている共通の悩みです。

(2)「30代で美容皮膚科に転科する女性医師は、転職納得度が低い」という真実

特に最近増えているのは、30代で美容皮膚科に興味を持った女性医師の転職失敗例です。これは、

 

・美容クリニックのビジネスモデルを知らなかった
・美容クリニックの運用方針をしらなかった

 

という所に原因があります。

 

美容皮膚科で転職される先生にとって、美容クリニックに関するビジネスモデルやら、ノルマなどの運用方針をチェックするのとても難しいのが一般です。だからこそ実際に働き始めてみると「しまった」と思う先生が増えているのです。しかも、その転職失敗に気づいて、「求人検索⇒求人比較⇒問い合わせ⇒本当のところが分からず転職⇒こんなはずじゃなかった!」という悪循環にはまっている人は、意外と多くいらっしゃいます。

 

つまりネット上の求人情報だけでは「ノルマの有無」や「そのクリニックがどれだけ先生を採用したいと思っているのか」が分からないので、「年収2000万円以上でノルマがなくて美容スキルをアップできる、美容皮膚科に取って理想の職場」へ転職することが難しくなっているのです。

 

では、よい条件で転職を実現するために、具体的にどういった行動が重要になるのでしょうか。

(3)重要なのは「求人検索」ではなく「信頼できるコンサルタントをみつけること」という真実

せっかく転職のために時間を費やすのであれば、信頼できるコンサルタントを見つけることに費やすべきです。医師専門の転職コンサルタントは、日々クリニックや病院を回っていますので、情報のチャッチアップが早く、実際にその病院やクリニックに転職した医師からも内部情報を得ているので、情報の深さが違います。

 

既にお気づきだと思いますが、ネット上の求人情報から得られる情報の質は比較になりません。よく考えていただければ、「公開できる情報と、口頭でしかはなせない情報がある」ということは、先生自身も分かっていただけると思います。

 

では、コンサルタントならだれでもいいかというと、「まったく」そんなことはありません。

 

紹介会社は病院やクリニックから紹介料(先生が転職されたときに病院から支払われる料金)をもらって生計を立てていますので、長い時間をかけて先生が納得の行く転職を実現されることよりも、早く多くの転職を成功させたほうが、売上が上がる仕組みになっています。

 

そこでおすすめしたいのが「誠実に、親身になって、長期にわたって転職支援してくれるコンサルタント」を早く見るけることです。コンサルタントも人間ですので、早く転職を決める先生を優先しがちですが、ベテランで信頼できるコンサルタントほど、長期にわたって必要な情報を定期的に連絡してくれるものです。

(4)「大きな会社より小規模な会社にベテランコンサルタントが多い」という真実

実はあまり知られていませんが、大きな紹介会社よりも、小規模でやられている紹介会社さんのほうが、信頼できるベテランコンサルタントが多くいらっしゃいます。そんなベテランコンサルタントは、転職サポート歴も長く、病院やクリニック情報も沢山もっていますし、なんといっても過去に転職支援した先生とのネットワークでしか得ることのできない情報の引き出しがたくさんあるのが特徴です。

▼まとめ

ここまでご紹介した通り、美容皮膚科医としてやりがいある、条件のいい仕事に就くために知っておくべき「4つの事実」をまとめると、

 

「求人情報を探すという行為。実はあまり重要ではない」という事実
「30代で美容皮膚科に転科する女性医師は、転職納得度が低い」という事実
重要なのは「求人検索」ではなく「信頼できるコンサルタントが複数名いること」という事実
「大きな会社より小規模な会社にベテランコンサルタントが多い」という事実

 

です。

 

「そんなこと言われても、信頼できるコンサルタントかどうか判断がつかない」、という先生のために、いくつかベテランコンサルタントを見分ける3つのポイントをご紹介いたします。

 

長期的なサポートを実施してくれる(来年の4月に向けての転職など)
医局を円満に辞める方法を知っている
病院のネットワークをもっている

 

もちろん、女性医師の求人館を運営する日本サーチ株式会社も美容皮膚科の独自ネットワークをもつコンサルタントばかりです。しかし、「とにかくウチだけに登録して、転職までしてください」とは言いません。比較検討をするなかの一人として、弊社のコンサルタントを候補にいれてもらえれば、その違いを実感いただけるはずです。

 

美容皮膚科医として、やりがいを発揮できる条件のいい職場をお探しであれば、是非一度、試しにご相談頂きたいと思います。。

ホーム RSS購読 サイトマップ
女性医師の求人館TOP 転職支援のお問合せ ご求人担当者さま 記事一覧 会社概要