神奈川医師求人

神奈川県の医師求人はここをチェック!納得できる転職を実現するチェックポイントは?

神奈川県は、東京都に次いで人口の多い都道府県です。そのため、医療機関数も多く、医師の転職市場において人気のエリアになります。

 

しかし、神奈川県で転職を考えている医師のほとんどが納得できる転職ができていないことをご存じでしょうか。この原因の多くは、神奈川県内に多くの求人があるために、エリアや年収などの条件をつかって安易に絞ってしまうために、本来ならもっとよい条件の求人があるにもかかわらず抜け漏れが発生していることにあります。しかも、その事実にも気づいていなかったり、気づいていても諦めている医師が大多数なのです。

 

そこでここでは、「神奈川県内の求人を絞り込む際に気をつけるべきチェックポイント」についていくつかご紹介したいと思います。

神奈川県の「医師求人」チェックポイント1:エリア

まず、知っていただきたいのは神奈川県内には医師に人気のエリアとそうでないエリアがあるということです。もちろん、実現したいワークスタイル・ライフスタイルによって働きたい場所は医師によって様々です。しかし、全体的にみると、人気のエリアには「人口が多く×市街地である」という特徴があります。
「横浜市」と「厚木市」を例に、人気エリアの特徴をチェックしてみましょう。

 

横浜市と厚木市の人口差は15倍以上もあり、病院数も横浜市は約130施設、厚木市は約20施設とその差は6倍以上におよんでいます。つまり、人口の多い・少ないが病院数に影響を与えていることが分かります。また、人口の多さは病院数だけでなく、大学病院や特定機能病院など「最新の医療機器・レアな症例」が集まる医療機関の存在にも関係しています。そのため、スキルアップや最先端の医療に関心が強い医師は、結果的に「人口の多いエリア」を選択するケースが多いのです。

 

また、スキルアップの要素だけに留まらず、「市街地の要素」をもつ横浜市は、「アクセスの良さ」や「生活のしやすさ」などライフスタイルの点から見ても医師に好まれる傾向があります。
そのため人気エリアでは、医師が集中しやすく、気になる病院で採用枠が空いていたとしても、条件交渉を積極的に行わない医療機関が多いのが現状です。そこで、神奈川県内で求人を探す際に、エリアを優先するのか条件を優先するのかを明確にしておくことが重要です。

 

仮に、人気エリアでの転職を優先させたい場合は、ある程度以上の条件は諦める必要が発生することも・・・。または、時間をかけてベンチマークしたエリアから好条件の求人が出てくるのを待つしかありません。つまり、人気エリアでの転職を優先される場合は、時間をかけるかある程度以上の条件を諦めるといった判断が求められるのです。

 

一方で、場所よりも重視する条件がある場合は、人気エリア以外でも一度転職を検討されることをおすすめします。アクセスはやや不便になる可能性がありますが、病院側の採用意欲が高いため条件交渉がしやすくなります。例えば、転居を伴う転職の場合は、住宅補助だけでなく引っ越し費用なども全額だしてもらえることも。中には「今のタイミングで○○科の医師確保ができないと、○○科の閉鎖を余儀なくされている」病院であれば、さらに条件交渉がしやすくなります。なぜなら、ある科が一度閉鎖してしまうと再開するまでに医師を一人採用する以上の能力とお金がかかってしまうからです。もちろん、科の閉鎖によって病院の収入は減りますし、何と言ってもそれまで利用されていた患者さんに医療を提供することができなくなってしまいます。

 

しかし、医師一人の力で神奈川県内の採用状況を把握するのはほとんど不可能です。そこでおすすめしたいスマートな情報収集の方法が「医師専門の紹介会社」を利用することです。医師の転職サポートを担当するコンサルタントが、情報をキャッチした時点で求人情報を紹介してくれるので、あなたは時間や手間を使わずに好条件で転職できる医療機関を探すことができます。

 

多くの医師は、ネット上にある求人情報だけで条件マッチを行い、希望に合う求人がないと転職を諦めてしまったり、先延ばしにしがちです。しかし、信頼できる医師専門の紹介会社に2〜3社登録することで、安易に非公開でやり取りされている求人情報も確認することができるようになります。

神奈川県の「医師求人」チェックポイント2:医療機関の開設者

次にチェックすべきポイントは、医療機関の開設者です。ネット上では、病院の開設者に関する説明が乏しく、その特徴を把握して求人検索することは不可能でしょう。しかも「病院開設者」と一言でいっても、その種類は様々です。例えば、医療法人、学校法人、公益財団法人、社会福祉法人、企業、個人などがあります。それぞれ、バックグラウンドや病院を設立した経緯、目的が違います。そのため集まってくる患者層に違いがでることも・・・。そこで、医療機関の開設者の違いが医師の転職にどうか関わってくるのかについてご紹介したいと思います。

 

■医療法人

 

まず、医療法人です。ほとんどの医療機関が医療法人といっても過言ではありません。神奈川県内にある医療法人の多くは、病床数100床以下がほとんどで、大きくても200床前後になります。数が多く標榜科目も施設も給与も体制もピンキリなため、比較に時間と知識が必要とされます。

 

ここで役に立つのが、「病院グループごとの特色」に関する情報です。医療法人と一言でいっても病院の運営を単独で行っていることは少なく「○○会」といったグループがあります。運用方針や、教育方針もそれぞれのグループによって特色があるため、病院そのものを詳しく知らなかったとしてもグループをチェックすることで、ある程度の体制や文化を推測することができます。

 

初めて転職する場合や、病院グループについて詳しくご存じでない場合は、医師専門の紹介会社を利用されるとコンサルタントが詳細を教えてくれるので便利です。

 

■学校法人

 

次に、学校法人についてご紹介します。一般的に大学病院といわれるタイプです。横浜市には、横浜市立大学、聖マリアンナ医科大学、昭和大学、川崎市には、日本医科大学、帝京大学などの附属病院が多くあります。

 

大学病院では、患者の治療はもちろんですが、それと共に「研究」も行われています。そのため、珍しい症例などが集まりやすく、設備も最新です。病床数も500床以上がほとんど。このような恵まれた環境を求めて、大学からそのまま医局に残って派遣されている医師も多いため、なかなか採用枠が空かないという特徴があります。また、民間病院に比べると給与額は決して高いとは言えません。

 

このような大学病院への転職を希望される場合は、教授が変わるタイミングを狙うとよいでしょう。新しい教授に変わるタイミングで、それまで医局をなかなか辞められなかった医師が大量に医局を辞職することがあり、そのタイミングが転職のチャンスだと言えます。しかし、教授選は頻繁に行われるものではなく、また医局員が辞めやすいタイミングとはいえ、医師に人気の病院はもともと医局に残っていた医師が優遇されやすいので、転職先としてはかなり難易度が高くなります。

 

そこでおすすめしたいのが、学校法人に近い運営体系をもっている代替の病院をみつけることです。神奈川県内では、民間病院では500床ほどの大規模病院は医療法人社団明芳会 横浜旭中央総合病院くらいです。しかし、300床ほどの規模であれば10施設ほどの選択肢があります。200床まで規模を広げれば選択肢も増えますし、年収やお休みの交渉がしやすくなるのでおすすめです。

 

■企業
そして、企業が運営する病院があります。神奈川県には横浜市戸塚区にある「日立横浜病院(株式会社日立製作所)」、横浜市鶴見区にある「富士電機病院(富士電機株式会社)」、横浜市神奈川区にある「横浜逓信病院(日本郵便株式会社)」の3つしかありません。設立の目的としては、運営している企業の従業員やその家族を対象としているので、規模はさほど大きくなく100床前後がほとんどです。症例数は、他の規模の大きな病院に比べると集まりづらいですが、企業の仕事内容に関連する疾患などがある場合は、レアな症例について学べることもあります。医療法人とは違った企業独特の風土・文化があるので、転職先として検討される場合は、事前に実際に働いている医師から話を聞けるとベストです。しかし、実際に企業の病院で働いている医師は少ないため、あなたのお知り合いにそういった方がいない場合は、医師専門の紹介会社でコンサルタントに直接聞いてみることをお勧めします。

 

■個人経営
最後に、個人病院です。個人病院は、設立者=院長というケースが多く、経営方針も院長の考え方が強く影響していますので、一度院長に気に入ってもらえれば、条件交渉などを有利に進めることができます。
しかし、家族経営されている病院も少なくなく、病床数も100床未満で運営されているところがほとんどなので、症例数は期待することができません。いい意味でも悪い意味でも経営者のカラーが強く出る傾向にあります。
だからといって、噂にまどわされて検討から安易に外すことはおすすめできません。今までに、そういった噂を信じて転職先として検討していなかった医師が、実際に面接にいってみることで、院長と意気投合して転職を決意されるケースもあるからです。噂を鵜呑みにするのではなく、実際にご自身の目で確かめてみることで選択肢を広げることをおすすめします。

情報を効率よく集めるには

ここでご紹介したたった2つのポイントだけでも、コレだけの違いがあり、医師の転職に影響を与える要素になっています。実はこの2つのポイント以外にも、科目別や施設別に見ていくときりがありません。

 

しかし、その一つ一つの情報を比較して初めてベストな転職が実現できます。多くの医師は、これらのポイントをチェックすべきだと思いつつも自分で確認するのは難しいため限られた情報の中で決断を強いられています。そのため納得できる転職を実現できない方が多いのです。

 

では、紹介会社を利用している医師であれば納得できる転職を実現できているのでしょうか。その答えは必ずしも「YES」とはいえません。例えば、紹介会社の中でも、医療業界での経験が浅いコンサルタントにあたってしまうと、必要な情報が入ってきません。

 

しかし、医師専門の紹介会社であれば神奈川県内の人気医療機関から非公開で求人情報を紹介してもらえるため、優先的に人気病院の募集状況を知ることができます。また、条件交渉の実績も多くあるため、医師の希望に併せた条件に近づけるためのやり取りをスムーズに行っています。このように、紹介会社の中でも、全てを把握している会社はごくわずかです。

 

女性医師の求人館を運営する日本サーチ株式会社では、少数精鋭のベテランコンサルタントだけで医師専門の転職サポートを展開しています。神奈川県内の人気病院からも多くの非公開求人をお預かりしているので、ご登録いただくだけでご希望のエリアで条件に合う求人が出たときに優先的に情報をチェックすることができます。また、神奈川県内の最先端医療を提供している病院から、地域に密着して展開している療養病院まで幅広い実績があります。これから神奈川県内で転職を検討している方がいれば、弊社にご登録いただければ、細やかな条件を比較検討した上でベストな転職先を見つけることができます。是非一度ご検討ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
女性医師の求人館TOP 転職支援のお問合せ ご求人担当者さま 記事一覧 会社概要